民間と自治体どちらのサービスが良いか?不用品回収で注意したいこと

- 不用品回収、2つの方法

不用品回収、2つの方法

不用品回収をしてもらいたいと考えた時、大きく分けると2通りのスタンスがあります。
1つは自治体サービスを利用すること。
もう1つは民間業者を利用することです。
「どちらがより良いのか」という風に思っている方もいらっしゃるとは思いますが、一概にこちらのほうが良いとは言い切れません。
それぞれに良い点もあれば悪い点もあるからです。
ですから、特徴を知っておくとニーズに合った不用品回収のスタイルを取り入れることが出来るでしょう。

自治体の良い点は明確な料金と料金の安さでしょう。
1品目につき500円・大型のもので1000円などというケースが大半かと思いますので、回収品目が少ない場合などにはお得ですよね。
運搬作業は自ら行わなくてはなりませんが、部屋に作業員やスタッフが入ることもありません。
また、指定のゴミ捨て場に置けば良いので立会いや確認作業が無いのもメリットと言えるでしょう。
電話申し込みをすれば3日以内に回収をするというスタンスですので予約や混雑待ちなどということもないでしょう。

民間業者のメリットはやはり使いやすさでしょう。
様々なプランやメニューがありますから、より有効的な手段を選びやすいかと思います。
取り扱い品目も自治体と比較をすると多いと思いますので利用幅も広いでしょう。
予約申し込みを行えば、自分のベストタイミングで利用することが出来るのも嬉しい点ですね。
ただ、中には悪質と呼ばれる業者も存在していますので、利用前にはしっかりと選んで利用をすることが大切になってきます。
運搬作業から取り外しその他サービスなども行ってくれる業者が多いので「プラスアルファ」という部分に置いても対応してくれるでしょう。

このように、それぞれ良い部分はあります。
不便だと感じる部分もあるかと思いますが、それぞれを状況などに照らし合わせてより満足できる方法をチョイスしていくと良いでしょう。
2つの方法を環境に合わせて利用をしていくのがベストかもしれません。

ページ上に戻る