民間と自治体どちらのサービスが良いか?不用品回収で注意したいこと

- 家電リサイクル法を知ろう

家電リサイクル法を知ろう

家電リサイクル法というものが制定されてもう随分と年数も経過しました。
ですから多くの方に浸透しているかと思います。
制定品目に該当するものに関しては、わたしたちが規定の料金を負担をすれば回収をしてもらえます。
メーカーばかりではなく、民間の不用品回収の業者でも受付可能というところも多いでしょう。

料金に関してですが、法律の制定という基準からデスとテレビなどで5980円から、冷蔵庫ですと9090円からとなります。
「から」という表記をしているのは大きさに準じて料金もまた変動するからです。

リサイクル法に指定されている品目であっても不用品回収の偽容赦が受け付けてくれると記しましたが、そのような業者を把握していないという方もいらっしゃるでしょう。
地域差はあると思いますが、自治体において回収可能業者を紹介してくれたり指導してくれたりというところもありますし、協同組合などが作られている場合もありますので相談をしてみると良いかもしれません。
もちろん、自ら探していただくという形でも構いません。

原則として、リサイクル法にのっとった形での料金設定ですが、民間業者の中ではそればかりではありません。
少し金額を割安にしてくれるというところも存在しています。
しかし、大きな割引率などはあまり期待しないほうが良いでしょう。
回収と言うスタンスではなく「買取」というスタンスでしたらお得さと言う部分に置いては有効的だと思います。
基本的には法律で定められている料金を支払うという感覚で利用することが望ましいでしょう。
また逆に、運搬費用・重量・手数料などによって加算されるというケースもありますので、規定料金のみの支払になるとは限りません。

リサイクル法についてしっかりと知っておきたいという方は、経済産業省のホームページに開設(http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/kaden_recycle/case1/case1_01.html)されているかと思いますので一読しておくのも良いでしょう。

自治体サービスにおいてはリサイクル品目に関しては回収不可となっていますので適切な方法で処理しましょう。

ページ上に戻る